サイトマップ サイト検索サイト内検索: ヘルプ
印刷 印刷用ページ   ENGLISH

TOP > 事業案内 > リサーチ事業(概況) > 損傷性・修理性の調査・研究

損傷性・修理性の調査・研究

自動車を取り巻く環境変化

損傷性・修理性とは?
損傷性(Damageability) ⇒ 「自動車の壊れにくさ」
修理性(Repairability) ⇒ 「自動車の直しやすさ」
自動車の損傷性・修理性の向上が、修理費の低減につながると考えています。

主な調査方法
RCAR( Research Council for Automobile Repairs自動車修理研究国際会議)基準に則り、試験自動車の右フロント部の一部を固定バリアに、左リヤ部の一部をムービングバリアで、ともに速度15km/hで衝突させてその損傷状況や損害額等の調査を行っています。

当社の研究の種類
a.自主研究
当社独自の企画(費用)で実施しています。
b.受託研究
カーメーカー、損保・損調会社等の要請によって実施しています。

D&R情報の提供
2002年度から衝突試験の調査研究結果を「損傷性・修理性調査報告書(車種編)」としてまとめ全カーメーカーへ情報提供しています。



(C) Copyright 2007 JKC. All Rights Reserved.